大型紙芝居「きつねのホイティ」

人形劇「三まいのおふだ」と同時上演は、大型紙芝居「きつねのホイティ」です。
スリランカのちいさな村のおはなし。くいしんぼうきつねのホイティは、ごちそうが食べたくて、人間に変装して村にやってきました。そのホイティにだまされたふりをして、おかみさんたちは晩ごはんをごちそうしてあげます。
「ホイティ、トイティ、ホイティティ〜🎶」歌も楽しいおはなしです。

20170929-150013.jpg

「きゃらばんだより」から

『おはなしきゃらばん』を観に行こう!

 公立図書館が劇団を招いて人形劇を上演することはありますが、図書館事業として人形劇を行う活動は、全国的にもめずらしい事だと思います。そんなおはなしきゃらばんの活動をもっと知っていただきたく、広報活動に頑張っております。きゃらばんだよりの発行、広報佐倉掲載、佐倉市HPとおはなしきゃらばんのHP更新、お店、病院、学校、保健センター等にポスターやチラシをお願いしたりしています。
 佐倉市の幼年人口(0~14歳)は、約2万1千人。年間5千~6千人(延人数)の方には、公演を観ていただいておりますが、もっとたくさんの方におはなしきゃらばんを観にきていただきたいと思っています。大人も子どもも楽しめるおはなしを届けるため、日々練習中です。 スタッフK 

20170922-201726.jpg

「三まいのおふだ」練習中です。

今回の人形劇「三まいのおふだ」にでてくる小僧さんは、やんちゃで食いしん坊の元気な男の子です。和尚さんとお経をあげていても、裏山の栗🌰で頭の中はいっぱい。そわそわして、じっとしていられません。
和尚さんが、危ないとさとしても、「行きて〜、行きてよ〜」駄々をこねる姿は、だれかさんと似てるかも?

何があっても、あわてず、頼もしい、機知の富んだ和尚さんと、恐ろしい山姥との対決は見応え充分です!

ただいま、みんなが楽しんでもらえるように、きゃらばんメンバー日々、練習中です。

20170916-171747.jpg

2017年後期演目「三まいのおふだ」

むかし、ある山寺に和尚さんと小僧さんが住んでいました。ある日、小僧さんはひとりで、うら山の栗を拾いに行きたいといいだしました。うら山には、おそろしいやまんばが住んでいます。
和尚さんは、小僧さんに三まいのおふだをもたせ、送り出しました。小僧さんは山で姉さと出会い、姉さの家でごちそうになります。おなかいっぱいで、つい、うとうと。ところが、目をさますと、そこいたのは‥

20170908-162508.jpg