おはなし会でのお友だちの声

きゃらばん初めての会場、南部地域福祉センター公演に行ってきました。
あいにくの大雨の中、集まってくれたお友だちありがとう。
人数は少なめでしたが、元気に応援してくれるあたたかいおはなし会でした。

山姥が「小僧を食べる」と言うと、「ハゲつるだけどね!」(美味しくないよってことかな?)「骨が詰まるよ」「人間は美味しくないんだよ、美味しいのは動物だけなんだよ!」と、次々に小僧さんを守るための言葉を放ってくれます!
こぶしを振り上げ応援する男の子の横に、後ろの席から出てきた女の子も一緒になってこぶしを振り上げ応援し始めます。さらに他の子も!
まるで仲良しのお友だち同士のように一緒に応援。
おはなしきゃらばんで見られるこの光景、ほほえましくて素敵だなあといつも思います。

来週は
10月26日(木)午後3時半~
志津市民プラザ
人形劇「三まいのおふだ」他

人形劇「三まいのおふだ」はじまりました!

佐倉の秋祭りの中、佐倉図書館で「三まいのおふだ」の公演が始まりました。
恐ろしいやまんばが、こぞうさんを追いかけてきます。おふだの力をかりて必死に逃げるこぞうさんに、会場のお友だちから「早く〜早く〜!」と声がかかります。
きゃらばんのおはなし会は、会場のお友だちと対話しながらお話を進めていきます!ですから、元気な子どもの声、大歓迎。お話の世界に、どっぷり入りこめる「おはなし会」をめざしています。
来週の予定は

10月19日(木)午後3時半~
南部地域福祉センターにて(南部児童センターと同じ建物です。)
人形劇「三まいのおふだ」他

20171015-104715.jpg

10月14日「三まいのおふだ」はじまるよ!

いよいよ、来週からおはなしきゃらばんの後期公演がはじまります。
10月14日(土)11時~ 佐倉図書館
2階 講座室にて
人形劇「三まいのおふだ」他

同時上演は大型紙芝居「きつねのホイティ」を予定しています。
10月13、14、15日は佐倉の秋祭りです。祭り囃子の音も軽やかな城下町、佐倉のお祭りも楽しみながら、佐倉図書館に遊びにきてね〜。

20171006-181803.jpg

大型紙芝居「きつねのホイティ」

人形劇「三まいのおふだ」と同時上演は、大型紙芝居「きつねのホイティ」です。
スリランカのちいさな村のおはなし。くいしんぼうきつねのホイティは、ごちそうが食べたくて、人間に変装して村にやってきました。そのホイティにだまされたふりをして、おかみさんたちは晩ごはんをごちそうしてあげます。
「ホイティ、トイティ、ホイティティ〜🎶」歌も楽しいおはなしです。

20170929-150013.jpg

「きゃらばんだより」から

『おはなしきゃらばん』を観に行こう!

 公立図書館が劇団を招いて人形劇を上演することはありますが、図書館事業として人形劇を行う活動は、全国的にもめずらしい事だと思います。そんなおはなしきゃらばんの活動をもっと知っていただきたく、広報活動に頑張っております。きゃらばんだよりの発行、広報佐倉掲載、佐倉市HPとおはなしきゃらばんのHP更新、お店、病院、学校、保健センター等にポスターやチラシをお願いしたりしています。
 佐倉市の幼年人口(0~14歳)は、約2万1千人。年間5千~6千人(延人数)の方には、公演を観ていただいておりますが、もっとたくさんの方におはなしきゃらばんを観にきていただきたいと思っています。大人も子どもも楽しめるおはなしを届けるため、日々練習中です。 スタッフK 

20170922-201726.jpg

「三まいのおふだ」練習中です。

今回の人形劇「三まいのおふだ」にでてくる小僧さんは、やんちゃで食いしん坊の元気な男の子です。和尚さんとお経をあげていても、裏山の栗🌰で頭の中はいっぱい。そわそわして、じっとしていられません。
和尚さんが、危ないとさとしても、「行きて〜、行きてよ〜」駄々をこねる姿は、だれかさんと似てるかも?

何があっても、あわてず、頼もしい、機知の富んだ和尚さんと、恐ろしい山姥との対決は見応え充分です!

ただいま、みんなが楽しんでもらえるように、きゃらばんメンバー日々、練習中です。

20170916-171747.jpg

2017年後期演目「三まいのおふだ」

むかし、ある山寺に和尚さんと小僧さんが住んでいました。ある日、小僧さんはひとりで、うら山の栗を拾いに行きたいといいだしました。うら山には、おそろしいやまんばが住んでいます。
和尚さんは、小僧さんに三まいのおふだをもたせ、送り出しました。小僧さんは山で姉さと出会い、姉さの家でごちそうになります。おなかいっぱいで、つい、うとうと。ところが、目をさますと、そこいたのは‥

20170908-162508.jpg