「人形劇,鬼のカーランコ,佐倉図書館,」タグアーカイブ

「鬼のカーランコ」のおはなし

あるところに、かあさんやぎと3びきの子やぎが楽しくくらしていました。ある日かあさんやぎは、おぼれそうになった、すずめばちを助けます。
すすめばちは、お礼に、おもしろい言葉をおしえてくれます。「プンチィ、パンチィ、ポンチィ、すすめばち」いつものように、かあさんやぎが、たきぎをひろいに出かけると、子やぎを食べようと鬼のカーランコがやってきます。3びきの子やぎはどうなってしまうでしょう?

20160310-174909.jpg